Paravi

ドラマ『下町ロケット』の見逃し配信・無料動画を視聴!

「『下町ロケット』のドラマを第一話から観たい!」、「『下町ロケット』を観るならどこがおすすめ?」そんなお悩みを抱えている方に向けて、『下町ロケット』の見逃し配信が可能な動画配信サービスを紹介します。

ドラマ『下町ロケット』の無料動画・見逃し配信状況一覧

『下町ロケット』は2015年にテレビ放送が開始されており、続編作品も2018年に放送されています。2020年1月現在ではTverにて『下町ロケット』を視聴することはできません。

こちらの記事では第一話から最終話までドラマ『下町ロケット』、そして映画版を楽しめる動画配信サービスに焦点をあて、おすすめのサービスを紹介してきます。

TBS版ドラマ『下町ロケット』の動画配信一覧

2015年にテレビ放送された阿部寛さん主演の下町ロケットの動画配信状況は下記になります。

配信サービス 配信状況 無料お試し
paravi 30日間無料
FODプレミアム × 31日間無料
U-NEXT 31日間無料
Hulu × 14日間無料

WOWOW版ドラマ『下町ロケット』の動画配信一覧

2011年にWOWOWにて放送された三上博史さん主演の下町ロケットの動画配信状況は下記になります。

配信サービス 配信状況 無料お試し
paravi 30日間無料
FODプレミアム 31日間無料
U-NEXT 31日間無料
Hulu 14日間無料

◎:見放題作品
〇:ポイント購入で観られる
×:配信なし

阿部寛さん主演の下町ロケットはParavi、U-NEXTで視聴することができます。しかし、U-NEXTは見放題ではなく加入後ポイントを購入した上での視聴となります。そのため、見放題で視聴可能なParaviがおすすめです。

WOWOW版の下町ロケットはParavi、FODプレミアム、U-NEXT、Huluでの視聴が可能となっております。

TBS版、WOWOW版どちらも視聴できるという観点からいくとParaviでの見放題視聴がおすすめとなります。

『下町ロケット』の視聴は【Paravi】がおすすめ!

Paraviは『下町ロケット』はもちろんのこと、TBS系列の人気ドラマを見放題で楽しめる動画配信サービスです。
TV放送中ドラマのParaviオリジナルストーリーや『水曜日のダウンタウン』など人気バラエティ番組を楽しめる点もParaviの特徴です。
料金 月額925円(税抜)
無料体験 体験期間:30日間
対象作品見放題、雑誌の最新号読み放題
動画内容 ・『下町ロケット』を1話から最新話まで視聴可能。
・高画質/広告無しだからストレスフリー!

Paraviでは1ヶ月間の無料お試し期間を設けています。Paraviの無料お試し期間中は、見放題で『下町ロケット』を楽しむことができます。

Paraviは解約も簡単。もしParaviでの視聴を中断したい場合は、お試し期間中であれば費用がかかることなく、解約することが可能です。

Paraviの無料お試しはこちら

『下町ロケット』のあらすじ

町工場レベルの佃製作所の佃社長が開発技術を巡って、悩み、考え、そして、大活躍する物語です。主要取引先から取引を終了の通告を受けた佃は、窮地に陥ったっところに帝国重工から20億円で特許買取するというすぐにでも飛び付きたい提案を受けます。

ところが、自ら開発した技術を売るという考えがない佃は、悩んだ末にこれをきっぱりと断ります。自前の技術に自信のある佃は財前に工場を見学してもらい、自らの技術力の高さをアピールします。耐久テストに合格すれば帝国重工で採用するところにこぎつけた佃は試作品を作成して、耐久テストに入ります。特許料収入という安定を望み社員もいるなかで、一体感を作り上げていく佃の腕の見せ所で、周囲の社員に助けられながら、テストクリアのクライマックスに向かっていきます。

このドラマの最大の注目ポイントは佃製作所佃社長を演じる阿部寛の存在感でしょう。爽やかだけれども粘り強く、絶対にあきらめない。本当に心の強さを感じさせてくれるオーナー社長です。そのリーダーシップ性は素晴らしく、見ていて応援したくなります。

『下町ロケット』の感想・評価

女性(30代)
女性(30代)
日本経済を牽引しているのは大企業だけど、その下で踏ん張っているのは、紛れもなく中小企業である。そして、日本の町工場には、確かな技術力がある!町工場の技術力が、大企業相手に見事に戦い抜く姿には感動しかない。町工場の技術力がなければ、ロケットは飛ばないんです!
女性(30代)
女性(30代)
池井戸潤さん原作のドラマですが、主役の佃社長を演じる阿部寛さんが見事にハマっていてハラハラドキドキの展開と佃製作所の社員が与えられた難題に対してもあきらめず、そして物づくりに対しての熱い気持ちが伝わってきてとても感動をします。
女性(20代)
女性(20代)
阿部寛演じる佃が粘り強くかつ爽やかに新商品開発に挑んでいる姿が一番印象に残っています。小さな町工場レベルの会社佃製作所の個性ある社員を取りまとめ、帝国重工部長の財前の信頼を勝ち取る姿は本当に感動ものでした。顔も体格もひと際目立っている阿部寛ならではのドラマです。その存在感が一番だと思いました。
女性(30代)
女性(30代)
今、ドラマの原作小説として最も注目される池井戸潤の小説が原作のドラマです。池井戸ワールド全開で下町の町工場が日本を代表する工作機械メーカーに立ち向かっていく姿を丁寧に描かれています。阿部寛さんの主人公もぴったりです。
女性(30代)
女性(30代)
町工場が大企業に立ち向かい色々な問題に立ち向かう、ロケットに夢見る佃航平の、まっすぐで熱い気持ちが伝わるドラマだと思ました。
大企業の中にも純粋にモノづくりの大切さを知る人がおり社内で戦っていく模様が見ている方も熱く感動できるドラマです。
女性(30代)
女性(30代)
下町ロケットを見ると、諦めないことの大切さを通して勇気をもらうことができます。
大企業と対等に渡り合うために戦う中小企業の社長が主人公ですが、こんな人が上司だったらさぞかし仕事のモチベーションも上がるだろうな、なんてうらやましくなることも。
ストーリー展開もドキドキしっぱなしですし、続編に期待しています!
女性(30代)
女性(30代)
池井戸潤の作品は半沢直樹以降、すべて視聴している。元銀行員と言うこともあり、ビジネスの深い部分まで掘り下げてあり、非常に興味深い。下町ロケットにおいても、中小企業が大企業に勝つという部分が、最終的にスッキリ観終わることができ、とても良い作品であった。
女性(30代)
女性(30代)
下町の中小企業が大企業に戦を挑み社員たちとの奮闘を描いたドラマだ。ロケットを飛ばすという夢を諦めない佃航平の熱い思いがヒシヒシと伝わってくる彼の言葉に感動しきりだった。特に「大人が夢を持って悪いか?」と言う彼の言葉が好きだ。まったく、夢は若者だけのものではないと思う。物語も大企業に挑む中小企業という構図が日本人が好きなテーマでハマったと思う。モノづくり、裁判を通して佃たちエンジニアの熱い思いがこれでもかと表現され見ていて見終わった後、毎回感動の連続で爽快な気分になった。
女性(30代)
女性(30代)
下町の小さな工場が大手企業に立ち向かう熱いドラマ。お金はなくても技術や熱意が詰まった町工場。そこで働く人々の想いが胸に突きささる。ドラマを見終わった後は、自分自身のモチベーションアップは違いなし。ロケットの部品をめぐる技術者たちから目が離せない。
女性(30代)
女性(30代)
中小企業が技術力だけで大企業に戦いを挑み、そして勝ってしまうという、ものすごく夢のある爽快なドラマだと思います。ものすごく小さな部品でも、それが無いと困るし、それがあるからこそ一つの機械が成り立つんだなと感動でした。従業員の仕事にかけるプライドも高く、胸が熱くなりました。