FOD

ドラマ『医龍』の見逃し配信・無料動画を視聴!フルで楽しめるのは?

「『医龍』を最初から最後まで観たい!」、「『医龍』シリーズを観るなら何がおすすめ?」そんなお悩みを抱えている方に向けて、『医龍』の見逃し配信が可能な動画配信サービスを紹介します。

ドラマ『医龍』の無料動画・見逃し配信状況一覧

『医龍』は第1シリーズが2006年、最終シリーズが2014年となっており、見逃し配信サービスTVerにて視聴することはできません。

そのため2019年12月現在は動画配信サービスにて視聴することをおすすめしています。こちらでは『医龍』を配信している動画配信サービスを紹介していきます。

FODプレミアム ツタヤTV U-NEXT dTV Hulu Amazon
プライムビデオ
医龍 第1期 × × × × ×
医龍 第2期 × × × × ×
医龍 第3期 × × × × ×
医龍 第4期 × × × ×

◎:見放題作品
×:ポイント購入で観られる
×:配信なし

2019年12月現在、『医龍』が視聴可能なのはFODプレミアムのみとなっています。

dTVやHulu、U-NEXTなど日本で人気の動画配信サービスでは配信を行っていません。

『医龍』を観るなら『FODプレミアム』がおすすめ!

FODプレミアムは『医龍』はもちろんのこと、フジテレビの新旧人気ドラマを見放題で楽しめる動画配信サービス。
『テラスハウス』など人気バラエティ番組の他、人気漫画や有名雑誌の最新号を楽しめるサービスも。
料金 月額888円(税抜)
無料体験 体験期間:31日間
対象作品見放題、雑誌の最新号読み放題
動画内容 ・『医龍』を1話から最新話まで視聴可能。
・高画質/広告無しだからストレスフリー!

FODプレミアムでは1ヶ月間の無料お試し期間を設けています。FODプレミアムの無料お試し期間中は、見放題で『医龍』を楽しむことができます。

FODプレミアムは解約も簡単。もしFODプレミアムでの視聴を中断したい場合は、お試し期間中であれば費用がかかることなく、解約することが可能です。

FODプレミアム無料お試しはこちら

『医龍』のあらすじ

ドラマ「医龍」はビックコミックスペリオールに連載された漫画が基になった、医療を題材にしたドラマです。主人公の朝田龍太郎は天才的な腕を持つ外科医。一匹狼のように難手術をこなしていきながらも、チームと呼ばれる信頼できる仲間たちとの交流も見どころです。また大学病院という権威の象徴のような大きな存在に、自分の信念をもって反旗を翻すところには、朝田の気骨と患者への優しさが垣間見えます。どんなに難しい症例にも逃げずに真っ向から立ち向かい、患者の立場になって術式や治療法を考える朝田。金銭的なことは度外視して、ただひたすらに病気を治すことだけを目指す彼は、大学病院という組織の中では煙たがられる存在ですが、見ている方はすがすがしい気持ちになるのは間違いありません。このドラマによって「バチスタ手術」という技術が一般的に知られるようになりました。

『医龍』の感想・評価

女性(30代)
女性(30代)
人気医療ドラマで、手術で患者を直していくだけではなく、患者の背景などもしっかりと描かれているとともに「チームdragon」というチームの結束力の深さと信頼関係、そして新たな仲間が加わっていくストーリーは医療ドラマを越えた感動と刺激をとても受けたドラマでした。
女性(30代)
女性(30代)
坂口憲二がとてもかっこよくて、チームドラゴンのメンバーは個性的で中にはエキセントリックなのに天才的な技術を発揮するところが面白い。全く違う性格で一見個々で走りがちにも見えるが、チームとして一つの目標に向かいやり遂げる。まるで、自分もその中にいるように感じるほど熱くなれるドラマだ。
女性(20代)
女性(20代)
ドラマ「医龍」を見た感想は、坂口憲二さんがかっこいいというのと小池徹平さんが若々しいというイメージしか残っていません。アニメの原作を知っているので、ドラマでどんな感じになるのかと思って見ていましたが、ドラマはまたドラマで違った面白さがありました。
女性(30代)
女性(30代)
一番最初のシリーズが一番好きです。最初、朝田が何を考えているか分からなくて不気味でしたが実は患者第一の熱い人、そしてゴッドハンドにしびれました。阿部サダヲは今までウザイ役のイメージでしたが、このドラマの荒瀬役で、泣かされ素晴らしい俳優さんだと認識しました。敵役の岸部一徳さん、表情豊かで悪いけど憎めませんでした。
女性(30代)
女性(30代)
この作品の魅力は、なんといっても坂口憲二さん率いるチームドラゴンのチームワークだと思います。
阿部サダオさんや佐々木蔵之介さんなど、個性的なキャラが多く、やりとりも面白いです。
そして、患者を諦めずに救おうとする感じが最高に感動的です。