あなたは本当の「クリスマス」を知っていますか?あなたは本当の「クリスマス」を知っていますか?

『Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~』『Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~』

ダン・スティーヴンス(『美女と野獣』、『ダウントン・アビー」)

クリストファー・プラマー(『ゲティ家の身代金』、『人生はビギナーズ』、『サウンド・オブ・ミュージック』)

ジョナサン・プライス(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、「ゲーム・オブ・スローンズ」)

ダン・スティーヴンス、クリストファー・プラマー、ジョナサン・プライス

11月30日(金)、新宿バルト9ほか、全国ロードショー! 11月30日(金)、新宿バルト9ほか、全国ロードショー!

豪華声優出演が続々決定!スクルージ役:市村正親さん、ディケンズ役:小野大輔さん、ケイト役:坂本真綾さん、ジョン役:江原正士さん

Introductionイントロダクション

1843年10月、スランプに陥っていた英文学作家のチャールズ・ディケンズ。家族のためにもどうにかベストセラーを生み出したいと思っていた彼は、クリスマスを題材にした小説を書くことを思い付く。出版社との関係も悪化する中、クリスマスシーズンに向けて残された執筆期間はわずか6週間。ディケンズは執筆に没頭しているうちに小説の世界に入り込み、やがて現実と幻想の境目が曖昧になってしまう。「クリスマス・キャロル」の登場人物であるスクルージと3人の幽霊との不思議な出会いを経て、心の奥にしまっていた幼少期の記憶、そして父親との確執といった、自らの問題とも対峙していく―。

170年以上に渡って愛され続け、幾度も映画化されてきたチャールズ・ディケンズの不朽の名作「クリスマス・キャロル」の物語が、いかにして誕生したのか。その創作過程とディケンズの心の旅を、ユニークかつファンタジー感たっぷりに描き出した。

自身が生み出したキャラクターたちと対話をしながら、新作の執筆に挑む若き日のチャールズ・ディケンズを演じるのは、ディズニー映画『美女と野獣』で脚光を浴び、ドラマ「ダウントン・アビー」「レギオン」などでも絶大な人気を誇るダン・スティーヴンス。彼の前に分身のように現われてインスピレーションを与えるスクルージを、『人生はビギナーズ』のオスカー俳優、クリストファー・プラマーが偏屈でありながらユーモアのある人物として造形した。息子の名声に頼ってばかりいるが、どこか憎めないチャールズの父を『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでもおなじみのジョナサン・プライスが演じている。イギリスの実力派俳優たちの個性豊かな芝居を、ドラマ界でも活躍するバハラット・ナルルーリ監督が見事にまとめ上げた。

聖なる夜に家族が集って贈り物を交換し、お互いの幸せを祈る―。現在、世界中に広がるクリスマスのお祝いのルーツには、ディケンズの「クリスマス・キャロル」の影響がある。挫折続きの主人公が自らのダークサイドと向き合い、やがて家族への思いやりに目覚めていく物語から伝わるのは、優しさと寛容こそが歓びをもたらすというメッセージ。文豪の産みの苦しみとともにディケンズ家の奇跡を描いたこの映画は、大切な人たちと過ごすクリスマスシーズンを温かく彩ってくれる。

  • 1
  • 2
  • 1
  • 2
  • next
  • back
MENU

Storyストーリー

場面写真1

1843年、ロンドン。落ち目となったベストセラー作家のチャールズ・ディケンズは、これから子どもが増えるというのに、家の改装費用にも事欠くありさまだった。友人でエージェントのフォースターと出版社へと足を運ぶが、原稿料の前借りも断られてしまう。起死回生を狙って新作の構想を練っていたある日、チャールズが耳にしたのは、アイルランド人のメイド、タラが子供たちに聞かせていたクリスマスのストーリー。それは「クリスマスイヴの日にはあの世との境目が薄くなって、精霊たちがこの世にくる」と祖母が語ってくれた話だという。

ロンドンの街角で「煙突掃除人を買いませんか」と子どもが売られている場面に遭遇した夜。墓地へと迷い込んだディケンズは、奇妙な老人と出会う。偏屈そうな老人の「くだらん」という言葉にインスピレーションを得たチャールズは、猛然と筆を走らせる。主人公はケチな実業家。仲間が死ぬ。だが泣けない。大事なのは金だけ。そしてクリスマスイヴ―。超自然的な導きから始まり、主人公がいかに哀れで利己的なのかを描き出す新作の構想を持って出版社へと向かうが、「今どきクリスマスなど誰も祝わない。12月25日は人の財布をひったくる日。要するにクリスマスの本は売れない」と、反応は芳しくない。ディケンズは「クリスマスは一年に一度人々が心を開く日だ」とアピールするが、時はすでに10月半ば。クリスマスまでに本を出版するためには、あと6週間しかない。

書斎で物語の主人公となる老人の名前を考えていた彼が「スクルージ!」とひらめいた瞬間、老人が部屋に現れる。この言葉から何を連想する? というディケンズの言葉にスクルージは答える。暗闇=安い、愛=詐欺、カネ=安心、子ども=役立たない、救貧院=有益……そして、消えてしまうのだった。自腹で費用を払い新作を出版しようと決意したディケンズの前に、金にだらしがなく浮草のように生きるトラブルメイカーの父がやって来る。チャールズはスクルージや彼の前に出現する3人の幽霊からの助言を得ながら執筆を進めるが、それは心にしまいこんでいた過去の記憶や父との確執とも向き合う心の旅でもあった……。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 1
  • 2
  • 3
  • 1
  • 2
  • 3
  • next
  • back
  • next
  • back
場面写真2
MENU